多機能で秀逸!BluetoothでもWi-Fiでも使える据置型マルチスピーカー!

ostAf20180308_stk_1これまでさんざん紹介してきたBluetoothスピーカーと言えば、一般的にはバッテリーを内蔵しており電源がなくてもどこででも使えるものが多かった。持ち出しが可能という意味では非常に有用なツールだが、持ち運ぶことが少ない方にとっては特にメリットになりえなかった。そういう意味では、GGMM Bluetooth&Wi-Fiスピーカー E3のような電源に常につなげて使う据置型の多機能スピーカーの方が嬉しいかもしれない。Bluetoothの他に有線はもちろんWi-Fiでも使えるので家の中で使うことを想定して作られたスピーカーだ。

目覚まし時計としても使える!USBポートもあるのでスマホの充電器としても!

GGMM Bluetooth&Wi-Fiスピーカー E3は、10Wのデュアルドライバーを搭載した本格サウンドが味わえる多機能スピーカー。据置型のスピーカーで、基本的には部屋などに設置して使う。

 

接続方法は主に3つ。まずはAUXを利用した有線での接続。最もポピュラーで最も簡単につながることができる。スマホや音楽プレーヤー等、イヤホンジャックのあるデバイスならなんでも繋いで使うことができる。しかしその反面、有線で繋げられる距離にデバイスを置いておかないといけないのでイマイチ利便性には欠ける。

 

続いてBluetoothでの接続。スマホとBluetoothでつながることで音楽を再生することができる。最近のスマホではBluetoothを搭載していないものを探す方が困難なほど一般的に使うことができるので、スマホの中の音楽や動画を再生するならBluetoothでの接続がおススメだ。難点としては音質の劣化が起きやすい点。また、音ズレが起きやすい点だ。

 

その2点を補うワイヤレスでの接続方法が、最後に紹介するWi-Fiでの接続だ。Wi-Fiを経由してつながることができ、AirPlay及びDLNAでの音楽再生が可能だ。Wi-Fiを活用したネット経由での音楽再生も可能で、Spotify等のストリーミングサービスの利用も可能だ。専用アプリを使えばあらかじめお気に入りを登録しておけるので、ボタンを押すだけで聴きたい音楽を聴き始めることもできる。

 

その他にもLEDライトでの時計表示やアラーム機能、USBポートでの急速充電などマルチな機能がたくさん備わっている。パーティーでの使用を見越してマルチルームでの同時再生にも対応している。音質にもこだわりたい、機能面でもこだわりたい。スピーカーは普段持ち歩いて使わない方にオススメな据置型多機能スピーカーだ。
ostAf20180308_stk_1

Amazon
GGMM Bluetoothスピーカー Wi-Fiスピーカー デュアルドライバー搭載 ステレオ高音質 クラウド音楽オーディオ 目覚まし時計LED表示 USB充電ポート付き 卓上 据置型 ワイヤレスマルチルームスピーカー E3 (グレー)
GGMM ブルートゥーススピーカー ステレオ ワイヤレス スピカー デュアルドライバー搭載 高音質 クラウド音楽 目覚まし時計 LED表示 USB充電ポート付き マルチルーム対応 卓上 据置型 スマートスピーカー E3 (ブルー)
GGMM ワイヤレス ブルートゥース スピーカー 10W デュアルドライバー搭載 ステレオ オーディオ 高音質 クラウド音楽 マルチルーム再生 目覚まし時計LED表示 USB充電ポート付き 卓上 据置型 スマートスピーカー E3 (ホワイト)

 

楽天
GGMM ブルートゥーススピーカー Wifiスピーカー ステレオ ワイヤレス スピカー 10W デュアルドライバー搭載 高音質 クラウド音楽 目覚まし時計LED表示 USB充電ポート付き マルチルーム対応

2018年03月08日 08時08分
©教えて君.net All Rights Reserved.